水で健康口コミ情報 by Aqua Arctica

生命の源・・・それは水。 アクア アークティカが暮らしや健康に 役立つお話を提供していくサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

岩盤浴の効果とは?

 デトックスに効果的だと、最近話題になっている岩盤浴。岩盤浴というのは、北海道の上の国町から産出される「ブラックシリカ」という天然鉱石の上に横になる温浴方法です。普通のサウナとは違って蒸気を使わず、低温でじっくり蒸す感じなので息苦しさも少なく、サウナが苦手な方にも利用しやすくなっています。

 ブラックシリカの効用は「遠赤外線」と「マイナスイオン」。遠赤外線の温熱効果は、対象を均一に温めてくれるのが特徴です。熱が身体の芯まで届くので、身体の中でも最も代謝が高い肝臓を温めてくれます。また、身体が均一に温まると、自律神経やホルモン系が活動しやすくなり、ますます新陳代謝が活発になります。遠赤外線が持つもう一つの優れた作用は「共鳴振動」。血液や汗の水分を揺すって粒にすることでさらさら流れやすくさせる上に、皮脂腺の分泌機能をさかんにします。

 マイナスイオンは鉄を活性化させ、酸素との結合力を強くする働きがあります。赤血球と酸素を結び付けることにより、身体中の組織により多くの酸素を運び、身体の酸欠状態を解消するのです。皮脂の酸化も予防することにより、皮脂腺のつまりが改善。新しい皮脂がどんどん皮膚面に放出されるようになります。また、界面活性作用により水の粒子を細かくするため、遠赤外線効果とダブルで血液や汗を細かくし、さらにさらさらにしてくれるのです。

 遠赤外線とマイナスイオンによって血液や汗をさらさらにし、新陳代謝をよくしてくれる岩盤浴には、汗腺からと皮脂腺からの二つの排出効果が認められています。特に皮脂腺は皮脂(脂肪)の唯一の排出器官。体内に取り入れられてしまった有害金属は脂肪に吸着する傾向があるため、皮脂を排出すれば、それにくっついた有害金属も排出できるということなのです。

 岩盤浴の入浴方法
 次に、岩盤浴の入浴方法を説明しましょう。はじめに、岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり、15分から20分ほど入浴したら5分から10分ほど休憩をとります。これを1クールとし、2~3クール繰り返します。仰向けの後はうつぶせになるなど、交互に体位を変えると効果的です。できるだけゆったりとした呼吸で、脳波にアルファ波が出るようにすると、自律神経の温熱効果がより高まります。

 気をつけなければならないのは、充分な水分補給です。短い時間で大量の発汗を促すので、入浴前と休憩中、入浴後には必ずミネラルウォーターを飲んでください。トータルで500ミリリットル~800ミリリットルは必要です。一気に飲むのではなく、こまめな水分補給がよいでしょう。

入 浴後のシャワーは避けたほうがより効果的です。岩盤浴によって排出される汗はさらさらで水に近い汗になっています。この汗が皮膚の保湿性を保ち、また排出された新しい皮脂が健康な皮脂膜を作り、皮膚の潤いを保ってくれるのです。

 「シャワーで洗い流さないと、排出された有害金属が肌に悪いのではないか」とも思われますが、有害金属は体内で酵素や脂肪と結合することによって悪影響を及ぼすのであり、皮膚の表面上ではほとんど悪影響はありません。それよりも肌にとっては、さらさらの汗と酸化されていない新鮮な皮脂による天然の良質な保湿剤の効果の方が大きいのです。ただ、あまりに大量の汗をそのままにしておくと冷えてしまうので、その場合は軽く拭き取る程度にとどめ、あとは自然乾燥するのが理想です。

 岩盤浴で出る汗からは基本的に匂いは出ませんが、どうしても気になる方は、肌ではなく衣類にスプレーするタイプの消臭剤の利用をオススメします。

 応援よろしくお願いいたします。ブログランキング参加中です。
 ↑ここをクリックお願いします!

スポンサーサイト
  09/29 岩盤浴 TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
FC2カウンター
訪問ありがとうございます!
ブログランキング
応援 ありがとうございます!
↑ここをクリックです!
プロフィール
こんにちわ!
Aqua Arctica です
お水に関わる健康NEWSを
書きとめています

Aqua Arctica

Author:Aqua Arctica
FC2ブログへようこそ!

ads by Google
今ネットで人気のある商品






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。