水で健康口コミ情報 by Aqua Arctica

生命の源・・・それは水。 アクア アークティカが暮らしや健康に 役立つお話を提供していくサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

約6割が「市販のミネラルウォーター」を日常的に飲用

日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年6月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「ミネラルウォーターに関するアンケート」を実施した。今回の調査では、ミネラルウォーターの飲用頻度や購入時の重視点、主な商品に対するイメージなどを尋ねた。

「気に入っている、好きである」のトップは、「Volvic」

「気に入っている、好きである」ミネラルウォーターの商品名を自由記述で3つまで記入する設問では、「Volvic」が40.4%でトップ(図1)。「evian」(37.9%)が第2位となり、輸入水がトップ2を占めた。次いで、国産水である「六甲のおいしい水」(24.7%)、「サントリー天然水」(18.5%)が続いた。

普段飲む水の種類:約6割が「市販のミネラルウォーター」
普段飲む水の種類を複数回答可で尋ねたところ、(1)市販のミネラルウォーター(58.3%)、(2)浄水器を通した水道水(45.2%)、(3)水道水をそのまま(28.7%)、(4)煮沸した水道水(13.7%)だった。自由意見欄には、そのほか「井戸水」や「湧き水」、「スーパーで無料サービスされる蒸留水」などが挙がった。

飲用頻度:約3割が「ほぼ毎日」

市販のミネラルウォーターの飲用頻度は、「ほぼ毎日」が28.8%、「2~3日に1回」~「1週間に1回」が25.3%、「月に2~3回以下」が33.3%、「まったく飲まない」が12.7%だった。

購入時の重視点:女性50代以上の重視点トップは「品質や安全性」
ミネラルウォーター購入時の重視点について尋ねたところ、上位5項目は、(1)低価格(45.5%)、(2)味の良さ(44.3%)、(3)品質や安全性(31.8%)、(4)メーカー名(19.2%)、(5)ミネラルが豊富(18.6%)であった(図2)。その他の意見としては、「ガス入りであること」や「持ち運びしやすい容器であること」があった。性別に見ると、女性は価格よりも味を重視する傾向にあり、50代以上の女性では「品質や安全性」が重視点のトップとなった(44.5%)。

イメージ評価:「evian」がトップ

主な市販のミネラルウォーターを7点挙げ、「親しみを感じる」、「ファンである」、「味が良い」など計12項目のイメージを尋ねた結果、全項目の合計比率は「evian」がトップとなった(図3)。「商品をよく目にする」、「成功している」、「スタイリッシュである」など6項目でトップになり、その他の6項目も上位3位以内に入った。次いで、第2位は「六甲のおいしい水」で、「親しみがある」(44.2%)でトップとなった。輸入水の勢力が増す中、「安心して購入できる」でもトップ(35.4%)となり、「サントリー天然水」(34.3%)とともに国産水の信頼性イメージの高さを見せた。

各商品の複数回購入者に限定してイメージ評価を見たところ、こちらも「evian」がトップとなった(図4)。次いで、「サントリー天然水」が第2位。上位2つの商品について、回答者全体と複数回購入者との回答傾向を比較したところ、「サントリーの天然水」には「親しみ」のイメージ、「evian」には「スタイリッシュ」や「成功」といったイメージにエッジが立っていることがわかる結果となった。また、2商品に共通だが複数回購入者では「親しみを感じる」、「味が良い」、「安心して購入できる」、「商品をよく目にする」の比率が高い。商品に対する愛着、味や品質に対する信頼性イメージがリピーターを増やす要因と考えられる。

Webサイト評価:「情報が充実」、「信頼できる」で「サントリー天然水」がトップ

主な市販のミネラルウォーター7点について、各商品のWebサイトを提示し、「一番商品パッケージのデザインが良い」、「一番Webサイトのデザインが良い」、「一番Webサイトの情報が充実している」、「一番信頼できる」といった4項目について印象を尋ねた。その結果、4項目の合計比率は、「サントリー天然水」(85.0ポイント)が最も高く、「Webサイトの情報が充実」は2位以下に10ポイント強の差をつけてトップとなり、「信頼性」でもトップとなった(図5)。また、「商品パッケージのデザイン性」で2位以下に約10ポイントの差をつけてトップとなった「evian」は、その他の項目でも上位につけ、合計比率で第2位に入った。「Webサイトのデザイン性」では、テレビCMと同様のコンセプトである“水景色”を表現した「CRYSTAL GEYSER」が第1位となった。

ミネラルウォーターの飲用場面や活用方法

自由回答でミネラルウォーターの飲用場面や活用方法を尋ねたところ、「朝起きたらコップ1杯飲む」(30代男性)、「1日2リットル飲むようにしている」(30代男性)といった自身の健康に留意した飲み方をしている意見が多かった。また、「コーヒーを作る時に利用」(40代女性)、「お米を研ぐ時に利用するとおいしく炊ける」(50代女性)といった利用法も寄せられた。その他、「硬水は健康のために。軟水はお酒を飲むときなどに利用」(30代女性)など、硬水と軟水を飲み分けている人もいた。

(小林佳代=日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチーム
スポンサーサイト
  01/06 Health News!! トラックバック(-) | コメント(-)

“リボン運動”色とりどり 認知度にばらつきも

 さまざまな色のリボンを、メッセージを込めて身につけたり、ホームページにイラストで掲載したりする「リボン運動」が広がりを見せている。北朝鮮による拉致被害者の救出をめざす「ブルーリボン」を始め、児童虐待防止をめざす「オレンジリボン」、乳がんの早期発見と検診受診を啓発する「ピンクリボン」など、色によって願いはさまざまだ。ただ、認知度不足からメッセージが伝わりにくいものや、同じ色で複数の意味を持つものもあり、さらなる啓発が必要なケースも多い。

 ◆メジャー

 今月1日、児童虐待防止推進月間に合わせて都庁がオレンジ色にライトアップされた。

 発端はNPO法人「児童虐待防止全国ネットワーク」(東京都世田谷区)が進める「オレンジリボン運動」。平成16年に栃木県小山市で起きた児童虐待事件を契機に、翌年から活動が始まった。自治体の協力を得て建物などをオレンジ色の光で包むほか、オレンジのリボンを身につけて虐待防止の意志を表す。

 一方、下着メーカーのワコール(京都市南区)は10月、下着を購入した客に乳がんの早期検診を促す「ピンクリボン」を配布するキャンペーンを行った。客が下着を試着した回数に応じ、がん予防運動組織「日本対がん協会」に一定額を寄付。「ピンクリボン運動」自体はNPO法人「J.POSH」(大阪市中央区)が進めているが、こうした企業の協力により、認知度は急速に高まっている。


 ◆マイナー
 米国で80年代に広がったリボン運動が、日本で認知される契機となったのは、北朝鮮の拉致被害者救出をめざす「ブルーリボン運動」だ。

 約5年前、被害者家族や支援者が集会などで身につけ始めたほか、16年の日朝首脳会談で小泉純一郎元首相がつけたことでも知られる。ブルーの色は、北朝鮮と日本を隔てる「青い海」と、両国をつなぐ「青い空」をイメージしている。

 だが、こうした“メジャー”なものとは対照的に、リボンの色のイメージが定着していない運動も数多い。性同一性障害への理解を広げる「空色リボン」、社会や家庭からの暴力根絶をめざす「パープルリボン」、妊娠や出産時の事故から母子の命を守る「ホワイトリボン」などがそれだ。

 色の持つメッセージが認知されていないのは、PR不足のほか、色の意味づけが拉致のブルーのように明確でなかったり、外国で始まった運動のために色のイメージが日本人になじみがないケースなどがある。

 ◆色が重複

 色が重なるケースもある。白色のリボンはアーティストの坂本龍一さんがホームページで広めた「平和をめざす運動」や、阪神大震災から10年たった17年1月に始まった「NPOやNGOを支援する運動」、思春期の同性愛者の自殺を防ぐ運動でも用いられており、現物を見ても、どの活動かわかりにくい。

 オレンジリボンは、「子ども買春・小児ポルノ撲滅運動」のシンボルにも使われている。

 昨年12月から、障害者権利条約の普及をめざす「イエローリボン運動」を始めた日本障害フォーラム(東京都新宿区)でも、「リボンだけだと一般の人にメッセージを伝えにくい。新たにメッセージを入れたワッペンを作ることを検討中」(中村喜長・日本障害者協議会事務局長)と啓発には苦労している。

 中村氏は、「すっかり定着したブルーリボンのように、まずは国会議員などにつけてもらうよう働きかけるしかない」と地道な啓発を強調した。

家事での洗浄スプレー、ぜんそくリスクを増大=調査

[ロンドン 12日 ロイター]
 欧州で行われた調査では、週1回の洗浄スプレーや消臭スプレーの使用でも、成人のぜんそくリスクが高まることが分かった。バルセロナにある環境疫学研究センターの研究者らが12日、学術誌「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」で発表した。
 調査は欧州10カ国の22カ所から集められた9年間3500人分以上のデータを使い、ぜんそくの発症と掃除の因果関係などを分析した。
 これまでにも、清掃業従事者のぜんせく率の高さとスプレー洗剤などの関連性は指摘されていたが、同調査では、通常の家事でも同様のリスクにさらされる可能性があるとしている。
 環境疫学研究センターのジャン・ポール・ゾック氏は「家庭用洗浄スプレーの頻繁な使用は成人のぜんそくの重要なリスクファクターだ」と指摘。成人ぜんそく患者の7人に1人が、こういった洗剤の週1回の使用が原因である可能性があるとしている。


約6割が「市販のミネラルウォーター」を日常的に飲用

日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年6月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「ミネラルウォーターに関するアンケート」を実施した。今回の調査では、ミネラルウォーターの飲用頻度や購入時の重視点、主な商品に対するイメージなどを尋ねた。

「気に入っている、好きである」のトップは、「Volvic」

「気に入っている、好きである」ミネラルウォーターの商品名を自由記述で3つまで記入する設問では、「Volvic」が40.4%でトップ(図1)。「evian」(37.9%)が第2位となり、輸入水がトップ2を占めた。次いで、国産水である「六甲のおいしい水」(24.7%)、「サントリー天然水」(18.5%)が続いた。

普段飲む水の種類:約6割が「市販のミネラルウォーター」
普段飲む水の種類を複数回答可で尋ねたところ、(1)市販のミネラルウォーター(58.3%)、(2)浄水器を通した水道水(45.2%)、(3)水道水をそのまま(28.7%)、(4)煮沸した水道水(13.7%)だった。自由意見欄には、そのほか「井戸水」や「湧き水」、「スーパーで無料サービスされる蒸留水」などが挙がった。

飲用頻度:約3割が「ほぼ毎日」

市販のミネラルウォーターの飲用頻度は、「ほぼ毎日」が28.8%、「2~3日に1回」~「1週間に1回」が25.3%、「月に2~3回以下」が33.3%、「まったく飲まない」が12.7%だった。

購入時の重視点:女性50代以上の重視点トップは「品質や安全性」
ミネラルウォーター購入時の重視点について尋ねたところ、上位5項目は、(1)低価格(45.5%)、(2)味の良さ(44.3%)、(3)品質や安全性(31.8%)、(4)メーカー名(19.2%)、(5)ミネラルが豊富(18.6%)であった(図2)。その他の意見としては、「ガス入りであること」や「持ち運びしやすい容器であること」があった。性別に見ると、女性は価格よりも味を重視する傾向にあり、50代以上の女性では「品質や安全性」が重視点のトップとなった(44.5%)。

イメージ評価:「evian」がトップ

主な市販のミネラルウォーターを7点挙げ、「親しみを感じる」、「ファンである」、「味が良い」など計12項目のイメージを尋ねた結果、全項目の合計比率は「evian」がトップとなった(図3)。「商品をよく目にする」、「成功している」、「スタイリッシュである」など6項目でトップになり、その他の6項目も上位3位以内に入った。次いで、第2位は「六甲のおいしい水」で、「親しみがある」(44.2%)でトップとなった。輸入水の勢力が増す中、「安心して購入できる」でもトップ(35.4%)となり、「サントリー天然水」(34.3%)とともに国産水の信頼性イメージの高さを見せた。

各商品の複数回購入者に限定してイメージ評価を見たところ、こちらも「evian」がトップとなった(図4)。次いで、「サントリー天然水」が第2位。上位2つの商品について、回答者全体と複数回購入者との回答傾向を比較したところ、「サントリーの天然水」には「親しみ」のイメージ、「evian」には「スタイリッシュ」や「成功」といったイメージにエッジが立っていることがわかる結果となった。また、2商品に共通だが複数回購入者では「親しみを感じる」、「味が良い」、「安心して購入できる」、「商品をよく目にする」の比率が高い。商品に対する愛着、味や品質に対する信頼性イメージがリピーターを増やす要因と考えられる。

Webサイト評価:「情報が充実」、「信頼できる」で「サントリー天然水」がトップ

主な市販のミネラルウォーター7点について、各商品のWebサイトを提示し、「一番商品パッケージのデザインが良い」、「一番Webサイトのデザインが良い」、「一番Webサイトの情報が充実している」、「一番信頼できる」といった4項目について印象を尋ねた。その結果、4項目の合計比率は、「サントリー天然水」(85.0ポイント)が最も高く、「Webサイトの情報が充実」は2位以下に10ポイント強の差をつけてトップとなり、「信頼性」でもトップとなった(図5)。また、「商品パッケージのデザイン性」で2位以下に約10ポイントの差をつけてトップとなった「evian」は、その他の項目でも上位につけ、合計比率で第2位に入った。「Webサイトのデザイン性」では、テレビCMと同様のコンセプトである“水景色”を表現した「CRYSTAL GEYSER」が第1位となった。

ミネラルウォーターの飲用場面や活用方法

自由回答でミネラルウォーターの飲用場面や活用方法を尋ねたところ、「朝起きたらコップ1杯飲む」(30代男性)、「1日2リットル飲むようにしている」(30代男性)といった自身の健康に留意した飲み方をしている意見が多かった。また、「コーヒーを作る時に利用」(40代女性)、「お米を研ぐ時に利用するとおいしく炊ける」(50代女性)といった利用法も寄せられた。その他、「硬水は健康のために。軟水はお酒を飲むときなどに利用」(30代女性)など、硬水と軟水を飲み分けている人もいた。

(小林佳代=日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチーム
ブログ内検索
FC2カウンター
訪問ありがとうございます!
ブログランキング
応援 ありがとうございます!
↑ここをクリックです!
プロフィール
こんにちわ!
Aqua Arctica です
お水に関わる健康NEWSを
書きとめています

Aqua Arctica

Author:Aqua Arctica
FC2ブログへようこそ!

ads by Google
今ネットで人気のある商品






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。